ときどき忘れてしまうのだけれど、私は世界一のヒーラーだと思っている。 世界一、幸せなヒーラーだと。 自分自身、 …