ヒーリングやセッションを受けながら、気づきや成長をどんどんとこなしていく方には大きな特徴があります。

それは、「感想をたくさん書いている」ということです。

感想というのは、ヒーラーを喜ばせるためにクライアントが書くものではありません。

クライアント自身が、自分のことを自己分析するということです。

そしてそれは、とても重要です。

人は、自分のことが一番よくわからなくなる時、他人に助けを求めます。

でも、ヒーリングやカウンセリングを受けても、行き着く先は、「自己解決」なのです。

ヒーリングはそのための力を養う道具です。

ヒーラーが問題を解決してくれるわけではありません。

感想を書く、つまり、自分が何を感じたか、どう考えたか、ということを書き記すことは、自己解決への第一歩なのです。

それを繰り返し行うと、だんだんと自分のことが見えてきます。

自分の気持ちに気づいたり、理解できたりします。

すると、自分と向き合うことができ、結果的に自分で自分の問題を解決し、自分で自分の願望を叶えていけるのです。

迷いや疑い、そういった気持ちも「感想」です。

必ずしもヒーラーに伝える必要はありません。

書いて、自分の中にとどめておくだけでもいいのです。

自分の正直な気持ち、感じたこと、感情などを書き記すこと。

それは、すべて自分のためなのです。