もう何度も言っています。

現実は正直です。

もし、貴方が受けたいと思っているヒーリングを、お金や距離の問題で受けられないのだとしたら。

それは、「貴方はそのヒーリングを受けたいと思っていない」ということです。

出来ない、ということは、「やりたくない」ということなのです。

よく、「セッションを受けたいのですが、お金がなくて受けられません」という方がいます。

確かにお金がないのだと思います。

しかし、それは、「それだけのお金を掛けてまでセッションを受けたいとは思っていません」ということなのです。

ごまかさないでください。

自分に嘘を付かないでください。

あなたのヒーリングやセッションに対する評価や価値は、その金額に満たないということなのです。

もし本当にそのセッションを受けたいと思っているのなら、かれこれ考えるよりまず行動します。

そのセッションを受けるためのお金を優先的に貯めたり、ひょんなことで臨時収入があったり、とにかく用意が出来るのです。

出来る、ということは「やりたい」ということです。

受けたいと思っているヒーリングのお金を貯める余裕がないということは、そのヒーリングを受けるよりも優先してお金を使いたいものがある、ということです。

現実は正直です。

青龍桜子のセッションは料金が相場より高いです。

それはひとつの「門」でもあります。

「本当にそれを必要としているのか?」

と自分に問うための門です。

無料だったり、安かったりしたら、特に求めていなくても手にとってしまうのではないでしょうか。

そしてそれを多くの人が「得」だと思っていますけれども、実際は「損」です。

本当に欲しいモノだけを手にできない、大していらないものを手にしてしまうことは損なのです。

断捨離が流行りましたが、あれは「大していらないものを積み重ねてきてしまった」ということなのです。

小さくとも、安くとも、使うことのない役に立たない、自分が好きでないものを家の中に置いておくことは「損」なのです。

目に見えないヒーリングの世界というのは、そういうことを言っています。

「ヒーリングを受けたいけれど、そのお金がありません」

その言葉は、私にとっては

「私にはそのヒーリングにその金額を掛ける価値が見当たりません」

と言われていると思っています。

それはヒーラー側に対する戒めでもあるかもしれません。

但し。

ヒーリングは一般の商売とは異なります。

需要と供給、相場や、客と作り手、といった売買のお話ではありません。

ヒーラーは自分が納得する料金でヒーリングを行い、またヒーリー(ヒーリングを受ける人)も納得する料金でヒーリングを受ける。

ということだと思うのです。

極端に言えば、ヒーラーが掲げる料金が高くて誰もヒーリングを受けようとしなかったとしたら、それはそれでいいのです。

逆にヒーリーが出したいと思える金額ならば、それがいくらであってもいいのだと思います。

無料でないと受けたくないなら無料のヒーリングを受けるべきです。

1,000円出すべきだと感じたなら、1,000円のヒーリングを受けるべきです。

例えば、10万円出してもこの人のヒーリングを受けたいと思ったのなら、その金額を出してヒーリングを受ければいいと思います。

必要な人には必要だし、必要のない人には必要ありません。

ヒーリングに全く価値を見いだせない人は触れる必要はありませんし、ヒーリングを凄いと評価する人はそれに見合う対価でヒーリングを受ければいいのです。

私は現実を常に見ています。

いくら残念そうにしていても、お金を言い訳に使っても、「実際どうなったか」が全てです。

あれこれ悩んだかもしれませんし、49:51で僅かに「受けない」ことを選んだのかもしれません。

欲しいものは一つではないでしょうか、あれこれ比較して仕方なく断念したこともあるでしょう。

でも、つまりは「やらない、できない」ということは、「自分がそれを選ばなかった」ということなのです。

誰かの所為にするにしても、お金の所為にするにしても、環境の所為にするにしても。

私も、やりたくで出来ないことがたくさんあります。

でも、誰のせいでもありません。

自分自身が作り出したものです。

結婚した自分、子供を産んだ自分、ヒーリングをしている自分。

今あるものが自分の本当の姿です。

結婚していないということは、結婚したくはないのです。

義理の両親との付き合いや、夫への配慮や子育てや、そういうものよりも、今の生活の方が自分にとっては良いのです。

もちろんそれは、明日変わるかもしれません。

でも今日は、そうなのです。

それが現実。