青龍桜子が許しのヒーリングを無料で伝授すると、募集の記事を掲げています。

青龍桜子のブログ「許し&感謝のヒーリング」

私はこの記事を読んだ時に、すぐさまメールをしました。

「本当に無料でするんだね?」

青龍桜子の答えは

「yes」でした。

本人の中に、納得の行く答えがありました。

無料でやる、という覚悟と、本人なりの理由がありました。

それを聞いて私も、納得しました。

過去、ヒーリングサークルの際にも、参加者様から質問を頂きました。

「無料でやるということと、有料でやるということ」についてです。

その他の参加者様のご意見も伺いながら、私は言いました。

「無料にしろ、有料にしろ、納得することが大事」と。

無料が良いとか、有料が良いとか、そういう決まりはありません。

無料で良いものもあるでしょうし、有料が良いものもあるでしょう。

そういう世の中です。

つまりそれは、無料がいいと思う人にとっては無料は良いもので、有料がいいと思う人にとっては有料は良いものなのです。

それぞれの人が、その潜在意識にどういう概念を持っているか、ということなのです。

そしてこれは極端な例であって、人それぞれ、様々な状況によって考えが変わります。

無料が良い場合もありますし、有料が良い場合もあります。

例えば、無料でヒーリングを受ける、ということに関してはあまりデメリットを感じないかもしれませんが

家賃が無料で住まわせてもらえる物件、となるとかなり「何かあるんじゃないか・・・」と疑う事と思います。

さて、無料だとか有料だとか、お金に関することばかり話しておりましたが、注目すべきはそこではありません。

大事なのは、何かを選択するときに、その選択に対して自分自身が納得をしているかどうか、ということなのです。

無料でヒーリングをする、とか、有料でヒーリングをする、とか。

付き合いたくない人とでもお付き合いをする、とか、好きな人とだけお付き合いする、とか。

自分が子供を義理の実家に連れて行く、とか、夫に全てやってもらう、とか。

いろんな選択を、日々していると思います。

今日はカレーにしようと思っていたのに、旦那や子供が焼肉がいいと言った。どうしようかな。とか。

常に人は選択をしています。

その選択の一つ一つに、その人の潜在意識が現れているのです。

潜在意識=本当の自分です。

私はこんなこと望んでない!こんなの私が選んだことじゃない!という自分は顕在意識の自分です。

ただし、顕在意識の自分=偽りの自分、というわけではありません。

顕在意識も自分自身です。

この辺詳しく知りたい方はヒーリングサークルへどうぞ。

無料でヒーリングをしよう、と決めた時、そこに自分自身の中にモヤモヤするものはないか。

自分の時間と労力を削ってまで、無料でやりたいかどうか。

例えば、修行だから、とか、世のため人のためになることだから、などなど、自分で納得のいく答え、理由があればそれでいいと思います。

自分と向き合った結果、出した答えです。

でももし、無料でヒーリングすることが好きではないにも関わらず、理由もなく、ただ何となくモヤモヤするけど、

周りの人みんな無料でやっているし仕方がない、とか、無料でやらないヒーリングはおかしいと言われたから、とか

自分ではない誰かに押し付けられた答え、理由でその物事を選択した場合。

それは、自分自身と向き合うことを放棄したことになります。

そしてそれは、いつまでも「不満」として自分の中に残り続けます。

有料の場合も同じです。

有料でヒーリングをやりなさい、と師匠に言われたとして、しかしそれが嫌であるならば、人と意見を違えようと自分が選択したい道を選ぶべきです。

師匠がそう言ったから、仕方がなかったから、と他人にその責任を押し付けても、自分は納得できません。

「あの時私はどうして、自分の納得のいく選択を出来なかったのか」

と後悔することになるのです。

誰かの言うこと、助言、教え。

そういったものは「答え」ではありません。

「ヒント」です。

あなたの答えは貴方にしか出せないものです。

どんなに偉い人が素晴らしい事を言ったとしても、もしそれが自分の中でしっくり来ないのであれば、それはあなたの答えにはならないのです。

私がヒーリングを教え始めたのは、人は誰しもがヒーラー・チャネラーとなって、自分で自分を応援し、助け、そして答えを出すために必要だと思ったからです。

自分にとって、一番最高のヒーラーは自分なのです。

勿論、そこに至るまでの間、青龍桜子に縋ったり、清流涼音を頼ったりして欲しいと思います。

一人ぼっちで生きろ、と言っているわけではありません。

ただ、あなた自身の最大の味方は、あなた自身である、ということに気づいて欲しいのです。

その為に、ヒーリングがあります。

世の中には、仕方のないこと、どうしようもないこともあります。

全部完璧に、自分の納得のいく選択をしろ、ということではありません。

大事な選択をするとき

いま自分が苦しいとき

納得していないとき

自分の選択を一度見直し、本当は自分は何をしたいのか、もしくは今やろうとしている選択に対し、納得した気持ちはあるのか。

そのことを考えてみて欲しいと思います。

もしかすると、自分の本当の気持ち、したいと思う選択に気づくことは恐ろしいことかもしれません。

わがままに思えるかもしれません。

しかしその素直な欲求をねじ伏せ、常識や他人の言葉に従っていても、「わたし」という自分は気づいてもらえるまで、

あの手この手で伝えてきます。

体調不良だったり、思いもよらない出来事だったり。

自分のわがままな部分を見ないでいい子のふりをすることは、世の中を渡っていく上でとてもうまくいくことかもしれません。

しかしそれは、自分では気づかない大きなデメリットであるのだと知ってほしいと思います。