今夜は遠隔です。
よろしくお願いします^^

遠隔をお受けいただきありがとうございました。

私は幼い頃、何不自由なく暮らせている自分に罪悪感を感じていました。
「申し訳ない」「幸せでいいんだろうか?」という思いがありました。

でも、あの頃の幸せな日々を過ぎ去り、失くしてみて気付いたのは、
当時の自分がすべきことは、自分を卑下したり、申し訳ない気持ちになったり、幸せであることを疑問に思うことではなくて

「感謝すること」だったのです。

女手ひとりで仕事と家事とすべてをこなす母に対し、罪悪感を感じるのではなく、感謝をすること。

「わたしのせいでお母さんは大変な思いをしている」
と思うことではなくて、
「お母さんいつもありがとう」
と思うこと。

そのことに気づいたのです。

大事なのは感謝です。
自分にできないこと、足りないことは必ずある。
誰かに頼って、迷惑をかけてしまうこともある。
だけどその時にやるべきことは、自分を責めたり罪悪感を感じたりすることではなく、
心からの感謝を持つこと。
そのことに気づくこと。