自分の話をします。

11月に、許しの遠隔ヒーリングを行いました。
その月はなかなか、すっぱりと許すことが出来たわけではないのですが、その翌月12月になって、「お、これは」と思う瞬間がいくつもありました。

自分の中で許しが出来るようになると、実際に現実も変わります。
現に、変わった、あ、これ今までなら違った、と思う場面がいくつもありました。

そうか、やっぱり私はヒーリングと共に変化し成長していくのが合ってるんだな、と思いました。

何事にも人の数だけ道筋があります。
ヒーリングというものを耳にすることなく一生を終える人もいます。
ヒーリングなくして人生なしという人もいます。
人それぞれです。
自分にとってヒーリングというものが、相性がいいのか、そうでないのか。
もし相性がいいのであれば、周りのことを気にせず、自分のために活用するといいと思います。

白龍セッションもそうです。
私は白龍セッションの時に思い浮かべることは、おそらく全部実現してきたと思います。
いえ、もしかしたら忘れているだけで、実現できてないこともあるのかもしれません。
でも、過去自分が願ったことが今ここにある、と言えることは凄いことだと自分で思っています。

経験は人を強くします。
私の中にある、「私の願いは叶う」というルールは、経験によって証明されます。
「私は願いを叶えてきた、これからも願いを叶えていく」

私はどこまでも、飽きることなく願いを叶える楽しみを享受していこうと思います。