☆ヒーリングという回復魔法☆

私が初めて「ヒーリング」というものと出会った時に得たヒーリングに対するイメージは、RPGゲーム好きの私としては、プレイヤーのHP(体力)を回復する魔法「ケアル」や「ホイミ」のようなものだと考えていました。

ゲームの中の魔法が、現実世界にもあるのかもしれない。そんな風にちょっとワクワクしたように思います。

そんなスタートから、ヒーリングを体験し、ヒーリング学び、ヒーリングセッションを行うようになって、果たして最初のイメージ通りのものであったのかどうか。

今の私の答えとしては、「正解」なのだと感じています。ここに至るまでには、疑いやイメージ違いであったという落胆も何度も経験してきましたが、それでも今は、「ヒーリング」というものはゲームさながら私たちの体力や気力を回復させる現実世界に存在する「魔法」なのだと感じています。

私が大好きなRPGゲームというのは、主にスタートからキャラクターを操作して、体力がゼロの「瀕死」の状態にならないように、HP(体力)を回復したり、物語を進めてゴールを目指すためにモンスターと戦って経験値を積み、レベルアップしていくことを繰り返します。

物語を進めていく上で必要不可欠なのが、「体力の回復」です。

途中何度も様々な方法で、モンスターとの闘いで傷ついた体力を回復させていきます。

例えばゲームによりますが、宿に泊まるとHP全回復、ですとか、或いはHPを回復させる「傷くすり」ですとか、或いは先ほども言いました「回復魔法を使う」などです。

このHPが尽きてしまうとゲームオーバー、その先の物語を見ることはできないわけで、かといってHPが減らないようモンスターを避けていてはレベルアップもできないので、新しいマップ、村や町やストーリーを楽しむことはできず、今いるフィールドから出られないわけです。

今いる場所になんのストレス(HP低下)もなく過ごしていられるのなら、回復魔法・体力回復は必要ないかもしれません。

今いる場所から離れず、今ある範囲から出たいと思わないのであれば、レベルアップも必要ないでしょう。

しかしもし、もっと楽しい場所に行きたい、今と違う新しいストーリーを見てみたい、今いる場所から「この先」に進んでみたいと思うのであれば、その過程で回復魔法(ヒーリング)は必要になるのです。

このRPGゲームと人の生き方において、よく似ている点があると思います。

それは、「結末のわからないゴールに向かう」ということです。

どんな結末になるかは分からない。しかし、結末が分からないからこそ、それを見て確かめたくて、ゲームを進めるのです。

その過程も明確ではありません。この先どこへ行って何をすればゴールにたどり着くのかは、一つ一つ目の前のことをクリアしていくことで次が見えてきます。

時には、元の場所に戻ることもあったり、同じことの繰り返しをすることもあります。

それでもゴールを目指すのならば、できること、やれることを試して、動いて、次へのステップが生まれるポイントを探し続けるのです。

RPGゲームと人の生き方が「似ている」と言いましたが、決して同じであるとは言いません。

なぜなら、人の生き方はRPGゲームを大きく上回る多様性を含んであり、例えば、ゴールと呼べるものがあるのかさえ分からない人もいれば、何を目指せばいいのかもわからない、どうすれば、何をすればレベルアップするのかもわからない場合がたくさんあるのです。

そういった場合にも、回復魔法(ヒーリング)は必要となるでしょう。

日々生きる、ただそれだけでも、私たちはエネルギーを消費して生きているのですから。

 

☆ヒーリングとは何か☆

回復魔法、つまりヒーリングとは具体的に何なのか。

ヒーラーをしている私としては、ヒーリングというエネルギーセッションのことを指すのは言うまでもありませんが、そればかりではありません。そもそもヒーリングというエネルギーセッションとはどういうものなのか。その説明も必要なのだと思います。

まず、ヒーリングとは、回復魔法だと言いましたが、わかりやすい例を挙げるならば、

  • 森林浴や温泉など自然の中に身を置くことで得られるリラックス・リフレッシュ効果
  • 旅行(毎日の繰り返しの作業から離れて非日常を味わうことで得られるワクワク感や安心感)
  • 趣味や楽しみなどに没頭する時間
  • 気心の知れた仲間や家族との会話
  • 美味しい食事
  • 好きなアーティストのライブや音楽、アートに触れる
  • 睡眠
  • 神社や史跡を訪れる

などなど、きっともっとたくさん、人それぞれのヒーリング(体力回復)があるのだと思います。

そう、ヒーリングというのは、人それぞれに合わせて様々な形、方法が存在するのです。

ほかの人にとっては何でもないことが、その人にとってはとてつもない癒しであったりもします。

ヒーリングに、これ、と決まった形は存在しません。

ヒーリングとは、人それぞれがこの先を生きるために必要な体力・気力を回復する瞬間、そのエネルギーの状態、もしくはそのシステムのことを言います。

好きなものを買って、明日も頑張っちゃおう!と思えるその瞬間、そのエネルギーの反転。

好きな人と楽しいひと時を過ごすことで、この先を楽しみに思えるようになるその瞬間、その時のエネルギーの変化。

仕事で辛いことがあったり、人間関係でうまくいかないことがあったとき、ああ誰かに会ってお酒を飲みながら話したいなあ、とか、友達とディズニーランドに行ってはしゃぎたいなあ、とか、一人で温泉に行ってリラックスしたいなあ、ということがあると思います。

そしてそれをすることで、落ち込んでいた気持ちが浮上したり、辛かったことを忘れたり、なにくそもっと頑張ってやる!と燃えたり。

それが、ヒーリングです。

ヒーラーとクライアントによる「ヒーリング」というエネルギーセッションは、まさにそんな瞬間を生み出す一つの方法です。

ヒーリングという回復魔法はこの世に様々な形であふれています。

あなたがもし、暗い気持ちであった時、何かとの出会いやふれあいによってその気持ちが少しでも和らいだり、気分を良くしたり、考えを変えることができたりしたのなら、その瞬間あなたはヒーリングを受けているのです。