右か左か迷うことが出来るというのは、ある意味で幸せなことだ。

右か左、2つの選択肢があるということだからだ。

右に行きたいのに左しか選べなかったり、右も左も選べなかったりと、そういう場合もある。

そう考えると、「どうしようかなー」と言えるのは、とても幸運な状態なのだ。

もはやこの道しか残されていないとか、悩む余地すらないとか、そんな場合もあるのだから。