今一番幸せだな~と感じられる瞬間。

それは、子供の寝顔をのんびり眺められる瞬間。

明日、食料がないかも!?

とか、

明日、死ぬかも!?

とかいう明日明後日の心配がなくて、のんびりと、明日は朝から忙しいなーとか、明日は何もないからどこか行こうかなーとか、そういうことを考えて、子供の寝顔をかわいいな~寝ている時が一番かわいいわ~とか思いながら眺めていられる瞬間が非常に幸せです。

なんていうか、いつもすぐ忘れてしまうのですが、最終的に人間は、食べるものと住む場所と生活の安全があれば、幸せなんだと思います。

夢を叶えたいとか、人の役に立ちたいとか、もっと贅沢したいとか、もっと健康になりたいとか色々と満足できなかったり悩んだりすることもありますが、

でも、明日明後日、それどころか来月来年までの安全・安心が想像できる生活にあるのなら、「自分は幸せです」って言っても、いいんじゃないかな。

スーパーに行けば、毎日野菜も肉もそんな食べ物も品切れもなく並んでいて、誰かと奪い合わなくても手に取って買えるお金があって、明日も明後日もそれが続いていくだなんて、本当に幸せなことだよな、としみじみ。

反面、この理路整然と並べられている食べ物は、余るほどあるけれど、本当に余ったらどうなるんだろう?捨てられちゃうんだよね、きっと。勿体ないな~という。それってつまり、贅沢ってやつなんじゃないかなって。

ってことは日本人のほとんどすべてが、「贅沢な暮らし」をしているのではないかと。

そしてそのことに気づかないのは、「不幸」なのではないかと。

もっと、自分の今の幸せに気づいた方がいい。

今あるものがなくなって、後から気づく前に。