引用 毎日新聞

<産後うつ傾向>夫にも2割 子育てと仕事の両立が重圧か

◇国立成育医療研究センターなどのチームがまとめ

女性が出産後にうつ傾向を示しやすいことは知られているが、男性も妻の出産後に2割弱が理由もなく不安になったり心配したりする傾向があるとの調査結果を、国立成育医療研究センターなどのチームがまとめた。子育てと仕事の両立への重圧などが背景にあるとみられる。うつ傾向の夫は、大声でしかるなど子どもへの虐待につながる行為の危険が高まるという。

男性が育児に積極的に参加する「イクメン」が推奨される中、夫もメンタルヘルスが不調になりやすいことを示すデータで、同センターの竹原健二研究員(疫学)は「児童虐待防止の観点からも、労働時間の短縮など、夫のストレスを軽減する配慮が必要だ」と指摘する。

2012年11月から半年間、愛知県内の自治体で、妻が妊娠中の男性のメンタルヘルスの状態と、虐待につながる行為との関係について調べた。

その結果、妻の出産後3カ月まで追跡できた夫215人のうち「うまくいかない時に不必要に自分を責めたりする」などのうつ傾向を示した夫は36人(16・7%)に上った。特に妻の妊娠中からうつ傾向があった夫は、そうでない夫に比べてリスクが5・7倍高かった。

また、産後にうつ傾向になると、虐待になり得る行為をしてしまう危険も4・6倍高まった。特に、つねる▽お尻をたたく▽子どもの入浴や下着の交換を怠る▽大声でしかる▽車の中に子どもだけを残す--などをしやすくなるという。

女性の「産後うつ病」を巡っては、国が01年からの母子保健行動計画「健やか親子21」で発生率の減少を目標に掲げ、対策を進めているが、男性への影響は調べられていなかった。【河内敏康】

こう言った「情報」は、事実を的確に伝えるとともに、少子化を促進させるものだと感じます。

誰だって、「この先には苦悩があります」と言われれば躊躇うし、いやそれでも進みたい、と思うのはよほどそこに強い憧れや好きという気持ちがあればこそ。

何気なく読んでいる情報だけれど、潜在意識にはしっかりと刻まれていく。

言い換えれば、何となく情報を読むことの危険を意味する。

毎日この先生きていくことの難しさを説く情報を無意識に目に入れていき、その頻度が多くなればなるほど、それは潜在意識に染み込んで、生きていくことは難しいのだという情報通り、困難だと感じる出来事に見舞われるだろう。

しかし逆を言えば、毎日生きていくことは楽しく嬉しいことで満ち溢れているのだという情報を幾つも取り入れれば、それが自然と潜在意識に染み込んでやがてそれを体現していくこととなる。

辛く苦しい状況にいる、そこから抜け出せない人の多くは、心が弱いとか運が悪い、ではなく、そういう情報がありふれた環境にいるからだ。

そう。

環境というのは本当に大事だ。

これぞまさしく天からの授かりものかもしれない。

自信や、豊かさを与えてくれる言葉や人々、環境に身を置く人は、自分が何かを頑張らなくとも自然とそういったものに囲まれているお蔭で、潜在意識に染み渡り、そしてそれが鏡のように実現する。

お金がある人もそう。お金がある環境にいて、且つそのことが当たり前であったり、もしくはお金があることは良いことだと認識する人たちの中にあれば、引き続きその情報は潜在意識に根付いて実現し続ける。

ありふれた情報をどう読み取るか。

二割の人が欝になると言われる子育て。

うーん。すごく気持ちは解る。欝になっちゃう人がいるだろうな、と理解できる。

でも、その二割って、多いのかな、少ないのかな。

そして今に始まったことなのかな。

結婚ってなんなのかな。

子供を産んで育てたいから結婚するのかな。

一緒にいたいから結婚するのかな。

だったら恋人同士でも一緒にはいられるよね。

子供を産まないんだったら結婚する意味ってないのかな。

結婚したら子供を産まないといけないのかな。

(特にオチはない。)