土日はデザフェスでした。
熱を出しました。
好きで始めたことなのに、どうして熱を出すのか。
自分は何のためにこれをしているのか、分からなくなりました。
今回のデザフェスは、何故か少しも楽しくなくて、もしミカヅキさんが傍にいてくれなかったら、私はあの場で泣き崩れていたかもしれないという程しんどかった。
どうして?
おかしい、好きでやっていることのはず。
どうして?

考えた。
私は何のためにこれをやっているのか。
そして、わかった。
どうして自分が頑張っているのか、どうして自分は躍起になっているのか、すべてを理解した。
そして泣いた。
いつくらいぶりなのか、泣いた。

今までずっと蓋をしてきたものが、現れた。

私は満足した。
先日のクライアントさんへの無のヒーリングで、その場にいた私の身にも無のヒーリングは行われた。

そして、私がずーっと見ないふりをしていたことがようやく現れて、私はそれをやっと自覚して、そして、すべてを理解した。
私は満足した。

そうか、そうだったのか。
もうひとりの私が安心した。
やっと、気付いてくれたね。

私はもう、頑張ることをやめることにした。