夢や目標を持ってそれに向かっていくと、その途中で何度も「お試し」と呼ばれる試練が訪れます。

つまり、物事は順調トントン拍子だけではなく、ともすれば諦めざるを得ないような状況に追い込まれたりもするのです。

私も何度も経験があります。

あ~もうダメかも。

そう思うことは沢山ありました。

さて、こうなった時に、人は試されます。

今までその胸に抱き、天上に掲げ、思い描いてきたことが果たして「本当の願い」なのかどうか。

うまくいかないので、やめます。とあっさり止められるようじゃあ、本気とは言えません。

「本気」というものは、誰になんと言われようと、無理かもしれない、ダメかもしれないと思えようと、でもそれでもどうしても諦められない、という思いが湧いてくるものの事を言います。

だめそうだ、無理そうだ、じゃあやめよう。と言ってやめてしまう。

それは本気ではありません。

神様は、順調に物事が進んでいくとその人が気づけない、考えつかないことに対して、「お試し」という試練を与えることで、問いかけます。

『それは、本当の願いなの?』

違うんじゃないの?と言いたいわけではありませんよ。

神様が言いたいのは、「あなたは今変わろうとしている、変わらなければその願いは手に入らない。だから、本当にあなたは自分を変える覚悟があるの?」と言っているのです。

ちなみに答えは「YES」しかありません。

「NO」と答えても何もなりません。

自分は変わらず、そして願いは潰えるだけ。

今の自分にないものを手に入れるということは、今の自分の何かが、どこかが、多かれ少なかれ「変わる」ということです。

変わらずに手に入れられるものは既に手に入れられるでしょう。

手に入れられていない、手に入れていないものを手にするということは、自分に足りない何かなのか、あるいは自分に余計な何かなのかを得るのか削ぐのか、或いは両方かです。

それはつまり、自分の何かが変わるということ。

神様は問い掛けます。

「ねえ、どうする?本当に変わる?」

高校の時に物理を専攻しましたが、慣性の法則というのが私は好きで。

【慣性の法則】
物体は、外部からの力が加わらない時、静止しているものは静止し続け、運動しているものは運動し続ける。
このことを慣性(惰性)と呼ぶ。

これって、人間の心にも当てはまると私は思うのです。

人は、誰かの影響を受けない時、立ち止まっているときは立ち止まり続け、一度動き始めたらそのまま同じ動きを続ける。

それが一番「楽(惰性)」なのであって、

たとえば、立ち止まっている足を動き出す第一歩目だとか、これまで向かってきた方向性を変えるだとか、そういう時には「力」が必要になるわけです。

さらに言えば、これまで向かってきた方向性をぐるりと逆方向にしようなんて思えば、それに必要な力は、ホンの少し方向性を変えるだけの何倍もの力が必要になることは想像に難くありません。

私は、人間の心の本質には、「変わろうとしない心」があると思っています。

今までどおりで有り続けようとする意思、みたいなものです。

それを人は「心の壁」とか「メンタルブロック」なんて呼んだりもするのかもしれません。

でも、これはこの宇宙に生まれたルールなのかなと思います。

宇宙空間には空気摩擦とかがないので、映画とかでよく見知っているとは思いますが、一度動き始めたら何かに掴まったりぶつかったりしない限り永遠に同じ速度で動き続けます。

逆に言えば、宇宙空間には重力がないので、静止していれば静止し続ける、つまり、浮いていられます。

ところで私たちは宇宙の、その中でも地球に生まれました。

地球には重力があって、空気があるので空気抵抗があります。

雨風があるので風化したりもするし、昼になれば光が溢れ、夜になれば闇になり、温度が上がったり下がったりします。

この地球というところに存在するだけで、私たちは何かに影響されているわけです。

物理的な圧力でなくとも、手で触ることのできない人間の心は、何かしら影響を受けているのです。

だから人の心は留まることなく、揺れ動いています。

この世に生まれた瞬間から、五感を通して様々なことを感じ取り、影響され、揺れ動きます。

本来、「変わることのない心」に、様々な力が働いて、揺れ動くのです。

神様があなたに「試練」を与えて問いかけるのは、「あなたを変えさせないようにしよう」という引き止める力なのではなくて、

「あなたを変えよう」とする、後押しの力なのです。

神様のお試しが訪れたとき、人は必ず変われます。

変わることができるチャンスなのです。

もし試練だと感じる出来事が起きたら、それは自分の何かが変わる前触れだ、と。

自分が今までにないものを手に入れる、手に入れられるという証拠だと思ってください。

そして、試練に立ち会った時こそ、逃げずに本来の目標や夢に向かってください。

試練を前にして踵を返してはいけません。

あなたは今、自分を変えて、自分にないものを手に入れようとしているのですから。