先日、潜在意識書き換えセッションのお申し込みを頂き、セッションを行いました。

自分じゃどうしようもないことってありますよね。

努力してるのに、頭で分かっているのに、どうしてこうなっちゃうんだろうってことが。

それは、もしかすると潜在意識の問題かもしれません。

潜在意識の説明を始めると、ちょっと長くなるので端折りますが、

(ネットで調べてみてもたくさん出てきます。注目度も高いように思います)

私の考えでは、病気と呼ばれるものの多くは、ここに関係しているのではないかと思っています。

 

さて。

そういえば私の潜在意識書き換えの続きがまだでした。

そうそう。

私もうひとつ自分のことでわかったことがあります。

それは、自分を優位に立たせるために場所を選ぶ、ということです。

私は切磋琢磨が嫌いです((笑))

例えばライバルを作って、お互い近しいレベルで張り合うというのが好きではありません。

よく言えば、平和主義です(美化しすぎかも?)

他人に対して、嫉妬したり悔しいと思ったりするのが大嫌いなんです。

ただ、自分に対して悔しいと思ったりすることは全然ありますが、つまり自分ひとりの世界に居たいのです。

自分ひとりだけの地位を持っていたい。

誰かと奪い合うことをしたくない。

いいことなのか、悪いことなのかというのは、ないと思いますが。

良くもあり、悪くもあり、と言ったところでしょうか。

 

・・・だから何?

それがどうしたの?という内容なのですが、自分自身のことを改めて発見する、自覚するというのは

とても楽しくて有意義なことだと感じています。

今回の潜在意識書き換えセッションも、クライアントさまからは驚きと喜びがあった、と言われました。

自分のことを知るというのは、恐ろしくもあり、また面白くもあると。

 

もう一つは、セルフ潜在意識書き換えセッションをして、変わったことがあるので記しておきます。

私は今まで、割と感情で物事を判断しているところがありました。

嫌だったら辞める、やりたくなったらやる、でもまた嫌になったら辞める。

学生の頃なんか特にそうだったのですが、とにかく自分の思うまま、感じるままに生きてきたんです。

それはとっても幸せなことですが、反面、あちゃー失敗したな、もうちょっと待ってればよかった、

などなど思うこともあったのです。

まあこれも経験、なんて言葉で片付けて、後悔なんて対してしたことはないのですが。

でも、取り返しのつかないこともあったり。

で。

あるとき書き換えをしたんです。

内容は、なんだったかなー

あ、そうそう。

本当に大事なものは決して逃さない

いっときの感情で、ペイッてしてしまうことがあったので、もしそれが本当に大事な物の場合は

そうならないようにって書き換えたんです。

そしたら、ちゃーんと。

時々感情的になるけれど、冷静に、自分に必要のないものかどうかを考える「間」を持てるようになったんです。

必要だ、と思えたら、ちゃんとペイッてしないで心を落ち着けます。

同じような悩みを持っている人にキーワードになるのは、「利用価値があるかどうか」を考えることです。

潜在意識書き換えをしてからは、これができるようになった。

案外単純に見えて、実利的です。

これを考えられるかられないかは。

あとそれからもうひとつ大事なのは、「人間には”悪”が必要だ」ってことです。

この話はいつか会員向け記事で・・・。

 

さて、今夜も何か見つかるでしょうか?