右か左か迷うことが出来るというのは、ある意味で幸せなことだ。 右か左、2つの選択肢があるということだからだ。  …